2014年01月04日

家紋とは

家紋とは、日本において家を識別するための紋章である。紋所、紋とも呼ばれる。

一例を挙げると、水戸黄門の印籠に描いている、葵の紋所が有名。

概要
古くより日本で血筋、また家系を表す印として家紋が用いられてきた。家紋を車や衣服、道具につけ、家のシンボルとしたのである。

身近なところだと、和服(「紋付袴」の「紋」は家紋のことである)や半纏などに家紋が描かれていたりする。一族が眠る墓や寺院にも見られる。また、会社や自営業者が社章などに家紋を用いることがある。例えば、三菱グループの標章「スリーダイヤ」は創業者岩崎弥太郎家の家紋「三階菱」から取られたものである。

欧州では騎士や王族の持つ紋章が知られるが、これは権威を示すために紋章を持つという意味合いが強い。これほど一般庶民にも紋章が広まったのは日本のみで、家紋は日本独自の文化と言って良い。

苗字・家紋研究家の丹羽基二によると、日本には2万程度の家紋が存在するとされる。同一氏族で家紋を共有することが非常に多く、その為家系の調査では家紋も重要視される。

家紋を描く職人を上絵師(紋章上絵師)といい、手描きで紋付袴に家紋を描き入れている。

家紋は平安時代後期、藤原実季が牛車に巴紋を用いたことが初見とされる。そのことから、家紋は当初公家社会の中で広まったものと考えられる。

当時、公家といえば強大な権力を誇った藤原氏ばかりであった。藤原氏だらけで誰がどこの藤原さんかよくわからなくなったため、家を識別するために家紋が広まったのだ。なお、同じ頃公家の間で苗字の使用も始まったようである。

その後、鎌倉時代にかけて武家の間でも家紋を用いるようになった。どの軍、どの勢力かを示すのには軍旗を用いていた。源平合戦では源氏方が白旗、平氏方が赤旗を掲げていたが、その頃はまだ家紋を旗に入れる必要はなかったのである。ところが鎌倉幕府が成立し、源氏の世になると、白旗ばかりでどの旗がどの武将を示すのかよくわからなくなってしまった。

さて、ここで家紋の出番である。武将たちは自らの勲功を示すために自分の家に縁のある図形を作った。旗、さらに武具や馬具など様々なものに家紋を施し始めたのである。やがて室町時代から江戸時代にかけて家紋が庶民にも広まった。当時庶民は文字を読めない者も多かったが、家紋は一目でどの家かわかる印だったのである。特に江戸時代は庶民は苗字の公称ができなかったこともあり、爆発的に増えたと考えられる。

沖縄の家紋

第一尚氏の時代より、尚氏王朝は「左御紋」(本土の左三つ巴と同形)と呼ばれる図形を紋章として使用していた。その後第二尚氏が琉球を統治したが、第二尚氏は変わらず左御紋を用いていた。当時は、紋章は尚氏王朝のみの特別なものとして扱われていたようである。

沖縄に本格的に家紋が根付いたのは、薩摩藩島津氏の琉球出兵からとされる。目結紋や引両紋など、本土と同形のものも多く見られるが、沖縄独自のものも多い。動植物紋はそれほど見られず、幾何学的な図形の紋が多い。

庶民の間では屋判と呼ばれる紋が士族より与えられた。物品につけられ、どの家の物かを示すために用いられた。竹富島では文字を読めない庶民が士族から屋判をもらうために米や藁など様々なものを贈ったと伝えられている。

家紋のいろいろ

家紋は一家に一つであると思われがちだが、複数の家紋を持つ家も存在する。それぞれ定紋、替紋、女紋などと呼ばれ、用途によって使い分けられていた。

家紋は、分家などがあったりするとその一部を変えて、分家の家紋にすることがよくあった。婚姻により、それぞれの家の家紋を合わせたデザインの家紋を創作することもよく見られる。また、主君が臣下に家紋を授けたり、逆に臣下が主君に家紋を献上したり、敵から家紋を奪い取ったりするなど、家紋はよくやり取りされた。そのため、一家に家紋が増える原因となったのである。皇室が家紋の菊紋や桐紋を積極的に与えたことが知られる。

例えば、織田信長の織田氏は越前国織田荘(現福井県丹生郡越前町織田)の出で「木瓜」を家紋としていた。後に平氏の末裔を称するようになり、平氏のシンボル「揚羽蝶」を用いるようにもなった。後に足利義昭に「五三桐」「二つ引両」を与えられ、更に「永楽銭」も用いるようになった。この通り、家紋は一家に一つだけとは限らないのである。

定紋
家で使う公式の紋。表紋、本紋とも。
替紋
婚姻、創作などにより増えた家紋。定紋とは別に時と場合によって用いた。別に定紋より格が低いわけではない。別紋、裏紋、副紋、控紋とも。
女紋
女系に伝わる紋。関西地方を中心に見られる風習で、嫁いだ女性も自らの家の家紋を用いることがあった。
家紋の描き方
動物や植物などを象った複雑な文様はともかく、幾何学的な文様はアナログなら紙とコンパスと定規さえあれば、デジタルならお絵描きツールさえあれば補助線を引いて簡単に描くことができる。上絵師の世界ではこの描き方を「割り出し法」という。

現代の家紋
現代では家紋はあまり用いられなくなり、年長者も自らの家の家紋を知らないということが増えた。紋章上絵師の数も保護が必要なほど少なくなった。

しかし、その多種多彩なデザインは人々の心を引きつけ、家紋を用いたアクセサリーやハンカチ、シャツなど徐々に人気を集めている。

海外でもいわゆるジャポニズムの流れで家紋の異国情緒あふれるデザインに魅了された人々がいる。たとえば、ルイ・ヴィトンのモノグラムは日本の家紋に影響を受けてデザインされたものである。

家紋入り アクセサリー ネクタイ カフス
posted by 伊藤淳子 at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。